③画像やTwitterの埋め込み方法

Pocket

ブログ記事に画像を入れる場合、基本的にはフリー画像か画像付Twitterの埋め込みを利用してください。

他のサイトに掲載されている画像を無断で使うのはNGです。

※ドラマの相関図や商品の説明などの場合は、公式サイトから引用することもあります。

 

見出しの下にフリー画像やTwitterの埋め込む方法

 

フリー画像

画像は下記の無料動画サイトを利用してください。

  1. フリー画像を自分のパソコンにダウンロードする
  2. 挿入したい箇所にカーソルがある状態で、ダウンロードした画像をドラッグアンドドロップ。
  3. 『メディアを追加』画面になるので、画像のサイズを確認。
  4. 長い方が600ピクセル以上の場合は、長い方を600に変更。(100KB程度になることを確認)
  5. 中央揃えにする

 

Twitterの埋め込み方法

▲上の動画とほぼ同じTwitter特化版です。Twitter埋め込みがイマイチ分りにくかった方はこちらをご覧ください。

 

  1. 使いたいツイートを選ぶ
  2. 下矢印から、『ツイートを埋め込む』をクリック
  3. 『コードをコピー』をクリック
  4. 貼り付けたい位置にカーソルを合わせた状態で『テキスト』モードにし、貼り付ける。(Ctrl+V)

 

注意

利用するTwitterは、URLが記載されていないものを選ぶようにしてください。

MEMO

Twitterは、見出し下の画像としての役割だけでなく、記事(情報)の一部としての利用も可能です。

 

Twitter埋め込みの注意点

【見出し】の下に使用するTwitterは、画像の代用として利用しています。

なので、画像が良くても文章があまりにも長いツイートは【見出し】下には利用しないでください。

 

Twitter検索はGoogleのように推測変換したり、関連する検索結果をだしてくれないので、英語・漢字・ひらがなでも検索結果が違ってきます。(ツイッターとTwitterなど)

芸能人の場合、ファンは愛称で書き込むことも多いので、ニックネームで検索すると色々と出てくることもあります。

単語と単語の間にスペースがあるかどうかで検索結果変わることもあります。

たとえば、『赤楚衛二』『赤楚』『赤楚くん』『赤楚君』でも出てくる内容が異なります。

 

もしも、『ツイートを埋め込む』をクリックした時に、リツイート(会話形式)で上に他のツイートがくっついている場合は、会話を外してください。

  1. 『コードをコピーする』を押す前に、『カスタマイズオプションを設定する。』をクリック。
  2. 『会話を隠す』にチェックを入れて、『更新』
  3. 『コードをコピーする』

 

Twitterのアカウントを持っていなくても、埋め込み作業はできます。

ですが、アカウントを持っていた方が過去のツイートがたくさん表示されるので、この機会にチャレンジしてみるのもオススメです。

>>Twitterアカウントの作成方法

 

ツイートを利用したことは、投稿者には分かりませんので安心してください。

※Twitterの利用規約で、転用されることに同意しているので、Twitterをブログに利用することは問題ありません。